30年間、数々の出版物を制作してきた編集プロダクション

秋耕社は、書籍等の企画・編集、取材、執筆、デザイン、DTPを担当する編集プロダクションです。

 業務内容

企画、執筆、レイアウト、DTP、校正等。

鹿島出版会、エクスナレッジ等土木・建築関係の雑誌、単行本のほか、住宅情報誌(リクルート「住宅情報」等)、大学の機関誌(武蔵野美術大学)、パソコン関係の雑誌・単行本(オーム社、理工図書、アスキー、BNN、特選街、池田書店等)、単行本、文芸ものからタウン誌の制作まで、取材からDTPまでこなす。最近では歴史書の吉川弘文館、人権派の明石書店の書籍制作も担当。

 

 

 

TOPICS  

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

2017年 9月  TBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」に

         小林が出演。

2017年 3月  「くらし方録」(発行:マルエツ)で寺本敏子の

         連載が始まりました。

        「ちょっとそこまで ぶらりさんぽ」です。

2017年 2月  AbemaTV Abame news「Abema Prime」に

         小林が出演。

2016年10月  関西テレビ「みんなのニュースワンダー」に

         小林が出演。

2016年 9月  東京メトロ「Metro Walker秋号」の特集を小林が

        監修。地下鉄駅での無料配布のほか、ネットwww.tokyometro.jp/enjoy/freepaper/metro_walker/

        でも公開されている。

2016年 6月  テレビ東京「なるほどストリート」から〝なるほど

             先生(各分野の専門家)〟の件で問い合わせ
2016年 5月  TBS「Nスタ」にコメント出演(小林)

2016年 5月  毎日放送「VOICE」から神戸のガード下・モトコー

        について取材を受けました(小林)

2016年 5月  毎日放送「ちちんぷいぷい」にコメント出演

        (小林)

2016年 4月  読売テレビから関西のガード下について電話取材

       (小林)

2016年 3月  「橫丁・小径学会」第22回荷風からはじめる横丁と

        路地 〝浅草〟遊歩開催

2016年 1月  TBSラジオ「荒川強啓デイ・キャッチ!」[ニュース・

        クリック]コーナーに出演

2015年12月  日本テレビ「スッキリ!」から出演依頼。

2015年12月  日本テレビ「ZIP!」から出演依頼。

2015年11月  全国紫明クラブで「〝まち歩き〟から見る、

             都市の変遷」をテーマに講演。(小林)

2015年10月  「足立朝日」で『金持ちは崖っぷちに住む』が紹介

        されました。

2015年 9月   『金持ちは崖っぷちに住む』(小林一郎著

        祥伝社新書)発売

2015年 6月  日本経済新聞「かれんとスコープ」から取材を

        受けました。

2015年 4月  NHKテレビ「ひるまえほっと」から取材を受け

        ました。(小林)

2015年 3月  読売テレビ「かんさい情報ネットten.」から

       「ガード下」について取材を受けました。(小林)

2015年 3月  「橫丁・小径学会」第15回目白・徳川家お屋敷遊歩

2015年 2月  NHK BSプレミアム「大人の社会見学――開業100年!

       あなたの知らない東京駅」2月28日再々放映

2015年 2月  品川区民大学講座で「ここだけは見ておきたい

        東京の近代建築」をテーマに講演をしました

       (小林)

2015年 2月  NHK BSプレミアム「大人の社会見学――開業100年!

       あなたの知らない東京駅」2月5日再放映

2015年 2月  品川区民大学講座で「江戸を訪ねる東京のんびり

        散歩」をテーマに講演をしました(小林) 

2014年12月  NHK BSプレミアム「大人の社会見学」に出演し

       ました(小林)

2014年10月  朝日放送「雨上がりのやまとナゼ?しこ」から取材

            を受けました。

2014年 9月10号「日経アーキテクチュア」で『横丁と路地を歩く』

        が紹介されました。

2014年 8月  『東京の近代建築Ⅱ』(吉川弘文館)が発売

        (小林一郎著)

2014年 8月  『東京の近代建築Ⅰ』が読売新聞で紹介

        されました。

2014年 8月  テレビ東京「L4you(エル フォー ユー」に出演し

        名建築を紹介ました(小林)。

2014年 8月  フジサンケイビジネスアイで『東京の近代建築Ⅰ』

        が紹介されました。

2014年 8月  中高年向け女性誌「清流」で『横丁と路地を歩く』

        の著者インタビューが掲載されました。

2014年 7月  『東京の近代建築Ⅰ』(吉川弘文館)発売

       (小林一郎著)

2014年 7月  「足立朝日」で『横丁と路地を歩く』が紹介

        されました。

2014年 7月  「日刊ゲンダイ」で『横丁と路地を歩く』が紹介

        されました。

2014年 6月  読売テレビから「ガード下」の取材を受けました。

2014年 6月  サンケイリビング新聞社(大阪)の

        「シティリビング」(6.13付)で

        『横丁と路地を歩く』が紹介されました。

2014年 6月  読売新聞(6.12)朝刊「くらし」ページで、

        『横丁と路地を歩く』が紹介されました。

2014年 6月  東京新聞の書評欄に『横丁と路地を歩く』が掲載

        されました。

        評者は東京新聞の顔とも言える大日方公男さん。

2014年 5月 『横丁と路地を歩く』(小林一郎著・柏書房)発売

2014年 5月  フジテレビ「スーパーニュース」から取材を

       受けました(小林)

2014年 5月  読売新聞「生活調べ隊」に小林のコメントが

       掲載されました。

2014年 4月  TBS「アッコにおまかせ」から問い合わせが

             ありました(小林)

2014年 4月  「橫丁・小径学会」第11回目白文化村遊歩

2014年 3月  朝日新聞(大阪本社)コラム「葦―夕べに考える」

       で横丁と路地を調査・探索している小林のコメントが

       紹介されました。

2014年 3月  NHK「あさイチ」から取材を受けました(小林)

2014年 2月  関西テレビ放送から取材を受けました(小林)

2014年 1月  NHK「あさイチ」から取材を受けました(小林)

2014年 1月    第10回「橫丁・小径学会」遊歩・

              神宮の森を見納める

2013年 12月   電子書籍『ライオン看板――昭和の成熟と喪失』

        (小林一郎著)

        (元木昌彦責任編集 e-ノンフィクション文庫/ゼロメガ)発売 

2013年 9月   「橫丁・小径学会」第八回荒木町遊歩

2013年 9月   『多摩川サイクリングロード完全ガイド』

             (小林一郎著、マガジンハウス)発売。        

2013年 7月  「橫丁・小径学会」第七回月島を遊歩を行いました。

2013年 5月   「橫丁・小径学会」おかず横丁遊歩を行いました。

2013年 3月   「Japanese Book News」(国際交流基金)で『「ガード下」の誕生』が紹介

         されました。同書は日本の出版物に関する情報を海外の出版社、編集者、

         翻訳者に向けて発信する英文雑誌です。

2013年 3月   「横丁・小径学会」第五回・中野遊歩を行いました。

2013年 1月   「横丁・小径学会」第四回・三田遊歩を行いました。

2013年 1月   「東京新聞」元日号、特集記事で小林のインタビュー記事が

         掲載されました。

2012年12月   「横丁・小径学会」第三回・銀座遊歩を行いました

2012年11月   「横丁・小径学会」番外編・常陸太田遊歩を行いました

2012年11月   シティ・リビングOSAKAで「梅田~中津高架下ツアー」の活動が紹介

         されました。 

2012年11月   「小林さんと高架下を探索しよう(梅田~中津)!」 講師を務めました。 

         主催:サンケイリビング新聞社(大阪)  

2012年10月   「横丁・小径学会」第二回・本郷菊坂遊歩を行いました。

2012年10月   異業種交流倶楽部「勉啓塾」で講演(小林)。

2012年10月   「シティ・リビングOSAKA」(サンケイリビング新聞社)で

         小林のインタビュー記事が掲載されました。 

2012年10月   文化放送「浜美枝のいつかあなたと」にゲスト出演(寺本)。

2012年10月    「足立朝日」一面トップで小林が紹介されました。

2012年 9月    国立情報学研究所の「CiNii」(サイニィ)に『「ガード下」の誕生』が

         データベース化され掲載されました。

         CiNiiは論文等、学術情報を検索できるデータベース・サービスで、

         論文情報ナビゲータ。

2012年 9月    日刊「ゲンダイ」で『「東京の花と緑を楽しむ

         小さな旅』が紹介されました。

2012年 9月    「横丁・小径学会」第一回北千住遊歩を行いました。

2012年 8月  『カラー版 東京の花と緑を楽しむ小さな旅』

              (寺本敏子著・平凡社新書)発売!

2012年 7月  NHK「ラジオ深夜便」[明日への言葉:ガード下に見る

        庶民の人生]に出演(小林) 。

2012年 7月  NHK「首都圏スペシャル」で取材を受けました(小林)

2012年 7月   文化放送「くにまる ジャパン」[白熱教室]に生出演(小林)。

2012年 7月  「東京人」 8月号で川本三郎さんが『「ガード下」の誕生』を紹介。

        タイトルは「東京つれづれ日誌26 町のどこに逃げ込む」です。

2012年 6月  『ニュートップL.』(日本実業出版社)7月号で『「ガード下」の誕生』が

        紹介されました。

2012年 6月   朝日放送「ビーバップ! ハイヒール」に出演(小林)。  

2012年 6月  沖縄タイムスの書評欄で『「ガード下」の誕生』が紹介されました。

2012年 6月  毎日放送「アカルイ☆ミライ」(首都圏ではTBS)に『「ガード下」の誕生』の

        著者として出演。 

2012年 6月  産経新聞の書評欄で『「ガード下」の誕生』が紹介されました。

2012年 6月  文化放送「みのもんたのウィークエンドをつかまえろ」

            [ゲストコーナー]に生出演(小林)。

2012年 5月   『日経アーキテクチュア』5月25日号で『「ガード下」の誕生』著者インタビュー

        記事が掲載されました。

2012年 5月   『歴史読本』(新人物往来社)7月号で『「ガード下」の誕生』が

        紹介されました。

2012年 5月   NHK神戸から「元町高架下商店街(モトコー)」について取材を受けました

        (小林)。

2012年 5月   『「ガード下」の誕生』の増刷が決まりました。

2012年 5月   「ガード下学会」品川遊歩を行いました。

2012年 5月   「東京新聞」の書評欄で「足で稼いだ研究成果」と

        題して、『「ガード下」の誕生』が写真入りで紹介されました。

2012年 5月   文化放送「浜美枝のいつかあなたと」にゲスト出演しました(小林)。

2012年 4月   「赤旗」の著者インタビュー欄で『「ガード下」の誕生』の著者として

        紹介記事が掲載されました。

2012年 4月   TBSラジオ「ニュース探求ラジオDig-Dig」で『「ガード下」の誕生』

        が紹介されました。

2012年 4月   「朝日新聞」の書評欄で『「ガード下」の誕生』が紹介されました。

2012年 4月   "赤羽パサージュ" ガード下遊歩を行いました。  

2012年 4月   「日刊ゲンダイ」の書評欄に『「ガード下」の誕生』が紹介されました。

2012年 4月   「週刊文春」の書評欄に『「ガード下」の誕生』が紹介されました。

2012年 4月   TBS「みのもんたの朝ズバッ!」に出演。『「ガード下」の誕生』を紹介して

        いただきました。(小林)。

2012年 4月   テレビ朝日「やじうまテレビ!」に出演。修復進む「東京駅赤煉瓦駅舎」を

        解説しました(小林)

2012年 4月   『「ガード下」の誕生』(祥伝社新書)発売(小林)。

2011年12月   TBS「みのもんたの朝ズバッ!」に出演。取り壊しが決まった「九段下ビル」を

        解説しました(小林)。

2011年10月   文化学院「クリエイティブカフェ:ガード下を歩く――考現学の愉しみ」で

        講師として出演(小林)。

2011年 8月   NHK「ゆうどきネットワーク」の取材を受けました(小林)。

2010年 6月   『江戸を訪ねる 東京のんびり散歩』(ロコモーションパブリッシング)発売(小林)。

2010年 5月   『目利きの東京建築散歩』(朝日新聞出版 朝日新書)発売(小林)。

2009年 9月   『自転車で 東京建築さんぽ』(平凡社)発売(小林・寺本著)。

取材・制作発注のお問い合わせ
メディア関係者の取材申込み・お問い合わせ、制作発注等は、

下記の電話、ないしメールアドレスへご連絡ください。
TEL.03-3813-7649
qx7i-kbys@asahi-net.or.jp